補償制度を活用したい住宅用太陽光

   

住宅用太陽光発電機は、初期費用は高額ですが各メーカー最低10年の無料補償をつけることが、JIS基準で定められています。特に近年では、住宅用太陽光の機器が各メーカーで開発されており、補償期間や内容も手厚くなってきています。
メーカー補償の場合は、システムと出力によるものが含まれています。パネル・パワコンなどの周辺機器が天候や外的な被害を受けて不具合を生じた場合に適用されるものです。特にパワコンはシステムの中でも寿命が短く、10年以内に不具合が生じる場合もあります。出力の場合は、モジュールの値がメーカーの基準値が下回った場合に修理・交換対応をしてもらえます。10年以内に10パーセント低下したら、無償で補償を受けられる仕組みをとっているメーカーが多いです。

太陽光発電の自然災害補償について

太陽光発電機ですが、自然災害の影響を受けて不具合が生じることも少なくありません。各メーカーが任意で加入する補償制度ですので、購入した方が加入する仕組みではありません。その点も業者選びのポイントになります。
補償対象は、天候による災害や火災、建物外部からの衝撃が該当します。地域によっては雨や台風などの天候を受けやすいので、業者選びにおける選択肢の一つになります。一方、地震・津波などの大災害には該当していないことが多く、注意が必要です。火災保険会社と提携して取り扱われており、手続きも火災保険会社がする仕組みです。購入される場合は太陽光発電商品の金額に含まれています。

住宅用太陽光の工事補償制度について

住宅用太陽光には工事補償制度があります。施工にあたり、工事による不具合が原因で雨漏りなどのトラブルが生じたら修復には相応の費用がかかります。メーカーの補償は受けられない場合が多いです。特に建物にまで被害を及ぼしてしまうと、莫大な費用がかかります。これを最小限に抑える為、殆どの施工会社は工事補償の賠償責任保険に加入していますが、広告で保険加入済みと宣伝している所は信頼できます。ただし、自然災害・大規模災害の被害は対象外です。
一方、施工業者によっては保険に加入をしていない場合があります。そのため、予め住宅用太陽光の施工を依頼する前に、トラブル時の対応を確認することが必要です。質問にも的確に答えてくれる業者は、信頼のおける業者だと判断できます。また、実績や経験があるかどうかも調べておくと安心して任せられます。

ピックアップ記事

住宅用太陽光は停電時も使用できるか

災害後及び電気点検などで停電が起きると、家庭用タイプの電気は使用できません。一方、住宅用太陽光を設置している所では、昼間に相応の日射量の蓄えがあれば、たとえ停電でも使用できます。その際に住宅用太陽光で...

住宅用太陽光の売電で儲かるか否か

住宅用太陽光を設置する建物は増えていますが、売電システムが一つの魅力的な要素です。取り入れた電力を電力会社が買い取ることで、相応の収入が見込めます。一方、機器の設置にあたり一括で購入されている方は少な...

補償制度を活用したい住宅用太陽光

住宅用太陽光発電機は、初期費用は高額ですが各メーカー最低10年の無料補償をつけることが、JIS基準で定められています。特に近年では、住宅用太陽光の機器が各メーカーで開発されており、補償期間や内容も手厚...

電気代節約になる?住宅用太陽光の本当

住宅用太陽光の魅力の一つは、電気代節約の効果です。近年ではオール電化や住宅用太陽光に対応したサービスを各電力会社にて取り扱われており、各種上手に活用すれば電気代0円も可能です。全国家庭における1日の電...