住宅用太陽光は停電時も使用できるか

   

災害後及び電気点検などで停電が起きると、家庭用タイプの電気は使用できません。一方、住宅用太陽光を設置している所では、昼間に相応の日射量の蓄えがあれば、たとえ停電でも使用できます。その際に住宅用太陽光であっても通常の状態で使用すると停電してますから、電気使用が出来ません。自立運転モードに切り替える必要があります。その際に、自立運転に対応したコンセントに差し替えて下さい。接続できる電力も上限がありますから、使用する場合は必要最小限の電化製品に限られます。エアコン・電子レンジのような電力を必要とするものには使用できません。
また、夜間・悪天候の日には蓄えられる電気量が少ないため、更に制限されます。停電が解除された場合は、通常のコンセントに切り替えて下さい。

住宅用太陽光発電で自立運転コンセントの使い方

住宅用太陽光には自立運転コンセントが備わっているので、使い方の紹介します。まず、自立運転コンセントの位置を確認して下さい。説明書または施工業者から確認すると、場所を確認できます。自立運転モードに切り替える前には、主電源のブレーカーを切ってください。停電しているため問題ないかもしれませんが、通電が開始された際に処理困難となり、発火などの事故に繋がりかねません。太陽光発電機器もあれば切ります。これらの対応が終われば、必要な機器を自立運転コンセントに接続して使用できます。特に、携帯電話の充電やテレビは問題なく活用できますから、災害時には一つのライフラインの役割をもたらします。

住宅用太陽光で停電時必要なアイテム

住宅用太陽光で自立運転コンセントを使用するにあたり、屋外にあると使用する際に苦慮する場面が多いです。しかし、リール式の長めの延長コードがあれば、室内の家電にも問題なく繋げて使用できます。昼間に日射量が得られる際に、充電式の乾電池があれば、昼間に充電に充てることが出来ます。その上で乾電池対応の家電製品に使用することで、住宅用太陽光電力使用を抑える事が出来ます。
室内でもコンセントがブレーカーの傍に設置されていると、離れた場所での使用は難しいです。延長コードを使用する際には、コンセントの差込口が多いものを複数用意しておくことがおすすめです。必要な場所に繋げ合わせて使用する方法もあります。特に家族で生活されている場合には、最低限人数分の差込口は必要だと考えておく必要があります。

ピックアップ記事

住宅用太陽光は停電時も使用できるか

災害後及び電気点検などで停電が起きると、家庭用タイプの電気は使用できません。一方、住宅用太陽光を設置している所では、昼間に相応の日射量の蓄えがあれば、たとえ停電でも使用できます。その際に住宅用太陽光で...

住宅用太陽光の売電で儲かるか否か

住宅用太陽光を設置する建物は増えていますが、売電システムが一つの魅力的な要素です。取り入れた電力を電力会社が買い取ることで、相応の収入が見込めます。一方、機器の設置にあたり一括で購入されている方は少な...

補償制度を活用したい住宅用太陽光

住宅用太陽光発電機は、初期費用は高額ですが各メーカー最低10年の無料補償をつけることが、JIS基準で定められています。特に近年では、住宅用太陽光の機器が各メーカーで開発されており、補償期間や内容も手厚...

電気代節約になる?住宅用太陽光の本当

住宅用太陽光の魅力の一つは、電気代節約の効果です。近年ではオール電化や住宅用太陽光に対応したサービスを各電力会社にて取り扱われており、各種上手に活用すれば電気代0円も可能です。全国家庭における1日の電...