住宅用太陽光の売電で儲かるか否か

   

住宅用太陽光を設置する建物は増えていますが、売電システムが一つの魅力的な要素です。取り入れた電力を電力会社が買い取ることで、相応の収入が見込めます。一方、機器の設置にあたり一括で購入されている方は少ないです。長期ローンを組んでいるところも少なくありません。その上、定期メンテナンスや鶏・獣などにやられた場合の修理費もかかりますから、維持費の問題が発生します。
住宅用太陽光の機器の初期費用は年々抑えられており、多くの方が設置しやすい状況になっています。行政でも補助金制度を設けている所も少なくありませんから、大いに活用すると良いです。その点を踏まえて長期的視点から、売電収入を計算すると良いです。

住宅用太陽光で安定した収入に繋げるポイント

住宅用太陽光を設置した場合に考えることの一つは、安定した収益です。その際のポイントを紹介します。屋根が大きな建物の場合は、機器を屋根の大きさに合わせたサイズのものを設置すると良いです。それに伴い、発電効率を高めることに繋がります。
天候の影響を受けやすいタイプのものは、日照時間を確保できないといけません。特に冬場の雪の多い地域だと、安定した売電収入は見込めません。設置前に地域に合わせた年間の日照時間及び周辺地域の土地開発などの情報収集は、安定した収益を得るためにはすべきことです。これらを踏まえて節電や蓄電を心掛けることが、安定した売電での収益へと繋がります。

住宅用太陽光売電と確定申告との関係

住宅用太陽光発電をしていき、安定した収益を得られるようになると、確定申告すべきか否かが気になるところです。結論を言うと売電は雑所得になります。必要経費を差し引いて売電金額が多いと、確定申告の手続きが必要です。なお、住宅用太陽光の機器購入にあたりローンを組まれている方だと、年間で払う利息分は必要経費になります。住宅用太陽光設置にあたり、ソーラーパネルなどの設備投資が必要です。法律上17年を最大にして、減価償却費として必要経費に充てることで、節税に一役担います。なお、余剰売電がある場合は自家消費と分けてからの申告となります。確認資料は、電力会社からの明細書及び住宅用太陽光発電モニターです。
所得税以外では住民税があります。たとえ売電による収入が1円でもあれば、住民税での確定申告は必要です。各種手続きでわからないことがあれば、市町村に相談して下さい。

ピックアップ記事

住宅用太陽光は停電時も使用できるか

災害後及び電気点検などで停電が起きると、家庭用タイプの電気は使用できません。一方、住宅用太陽光を設置している所では、昼間に相応の日射量の蓄えがあれば、たとえ停電でも使用できます。その際に住宅用太陽光で...

住宅用太陽光の売電で儲かるか否か

住宅用太陽光を設置する建物は増えていますが、売電システムが一つの魅力的な要素です。取り入れた電力を電力会社が買い取ることで、相応の収入が見込めます。一方、機器の設置にあたり一括で購入されている方は少な...

補償制度を活用したい住宅用太陽光

住宅用太陽光発電機は、初期費用は高額ですが各メーカー最低10年の無料補償をつけることが、JIS基準で定められています。特に近年では、住宅用太陽光の機器が各メーカーで開発されており、補償期間や内容も手厚...

電気代節約になる?住宅用太陽光の本当

住宅用太陽光の魅力の一つは、電気代節約の効果です。近年ではオール電化や住宅用太陽光に対応したサービスを各電力会社にて取り扱われており、各種上手に活用すれば電気代0円も可能です。全国家庭における1日の電...