電気代節約になる?住宅用太陽光の本当

   

住宅用太陽光の魅力の一つは、電気代節約の効果です。近年ではオール電化や住宅用太陽光に対応したサービスを各電力会社にて取り扱われており、各種上手に活用すれば電気代0円も可能です。全国家庭における1日の電気代使用料平均は12kwhですが、太陽光発電からは概ね3.9kwの場合で11.75kwhが作られています。
節電を心掛けると1か月0円も可能です。蓄電装置を設置すると、電気を蓄えることが出来ますから、更に可能性が高まります。夜間は太陽光が入ることがありませんが、蓄電装置からの電気を活用することにより電気代節約に一役担います。一方これらに目を向けすぎると、必要な時に電気を使用しなくなることで生活・健康に支障をきたすようになります。無理な節電は控えることが大切です。

住宅用太陽光で電気代0円は実は難しい

住宅用太陽光を使用するにあたり、電気代0円にすることは可能ですが、決して簡単ではありません。電気の固定買取制度があり、当初は1kwh40円以上でしたが、近年では法律の改正などで、再生可能エネルギーの買取金額が半額程度に抑えられています。日射量にも影響を受け、晴天の日が続かなければ相応の電力が得られません。家族が多いところや季節によっては、多くの電気を使用することになり、電気代0円の実現には困難な要因です。
この点を踏まえて、電気代0円を目指すことなく可能な範囲抑える為には、電力会社と相談してのプラン選びが必要です。その際に、年間の発電量・電気使用量とのバランスも診断してもらうと良いでしょう。

住宅用太陽光でも節電知識は知っていると得です

住宅用太陽光を設置することで、電気代節約に一役担います。その上で節電の知識も、大いに活かすことが出来ます。電球型蛍光灯を各部屋照明器具として設置することで、節電効果をもたらします。白熱灯を設置する場合は、点灯・消灯を頻繁に行うトイレ・階段がおすすめです。LEDタイプだと寿命を含めて高い効果をもたらします。
電化製品は主電源を落としていても、プラグも抜かないとたとえ微量でも電気を消費しています。たびたび抜くことが面倒な場合は、省エネコンセントを使うと良いです。
エアコンは電気代がかかることが難点です。フィルターを定期的に清掃をして風通しを良くすることで、設定温度が高めでも高い効果をもたらします。電気代節約はもちろん、快適な住空間つくりに一役担います。

ピックアップ記事

住宅用太陽光は停電時も使用できるか

災害後及び電気点検などで停電が起きると、家庭用タイプの電気は使用できません。一方、住宅用太陽光を設置している所では、昼間に相応の日射量の蓄えがあれば、たとえ停電でも使用できます。その際に住宅用太陽光で...

住宅用太陽光の売電で儲かるか否か

住宅用太陽光を設置する建物は増えていますが、売電システムが一つの魅力的な要素です。取り入れた電力を電力会社が買い取ることで、相応の収入が見込めます。一方、機器の設置にあたり一括で購入されている方は少な...

補償制度を活用したい住宅用太陽光

住宅用太陽光発電機は、初期費用は高額ですが各メーカー最低10年の無料補償をつけることが、JIS基準で定められています。特に近年では、住宅用太陽光の機器が各メーカーで開発されており、補償期間や内容も手厚...

電気代節約になる?住宅用太陽光の本当

住宅用太陽光の魅力の一つは、電気代節約の効果です。近年ではオール電化や住宅用太陽光に対応したサービスを各電力会社にて取り扱われており、各種上手に活用すれば電気代0円も可能です。全国家庭における1日の電...